NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2021/10/31(日) 07:30 第6話 1ミリ(原題: 1mm) [字]
  • 2021/10/31(日) 12:00 第1話 チョウザメ釣り(原題: STURGEON SEASON) 【FOXイッキ見サンデーDX】 [字]
  • 2021/10/31(日) 13:00 第2話 巡り合わせ(原題: EVERYTHING STARTS SOMEWHERE) 【FOXイッキ見サンデーDX】 [字]
  • 2021/10/31(日) 14:00 第3話 宝探し(原題: BLOOD AND TREASURE) 【FOXイッキ見サンデーDX】 [字]
  • 2021/10/31(日) 15:00 第4話 南の島(原題: SUNBURN) 【FOXイッキ見サンデーDX】 [字]

イントロダクション

  • ワシントンDCを拠点としアメリカ海軍に関する事件を捜査するNCISで、誰もが憧れる理想の上司ギブス率いるメンバーたちが活躍する姿をスリリングに描く大ヒット・アクションドラマ。前シーズンからコロナ禍の影響で話数はショートしているが、今シーズンはさらに減少して全16話となる。

    主人公リロイ・ジェスロ・ギブスはNCIS(海軍犯罪捜査局)に所属する特別捜査官。元海兵隊一等軍曹のスナイパーという経歴の持ち主で、普段は口数の少ない男。ギブスの部下、特別捜査官ティモシー・マクギーは、マサチューセッツ工科大卒の秀才でちょっとオタク気質だが、コンピュータの知識では誰にも負けない頼れる存在。NSA(国家安全保障局)から加入した捜査官エレノア・ビショップも、元情報分析官の経験を活かし、前向きな姿勢で奮闘を見せる。そのほか、一匹狼で気まぐれな潜入捜査のプロ、ニコラス・トーレスや、上司であるギブスにも堂々と自分の意見を述べる元米国陸軍少尉の捜査官ジャック・スローンなど、捜査チームには個性豊かなメンバーが揃う。

    ※アメリカでは2020年11月17日より放送開始。現在もオンエア中。アメリカでのViewer数はCBS内で断トツの1位。
    ※先日シーズン19のリニューアルが発表された。
  • キャスト

    【リロイ・ジェスロ・ギブス】マーク・ハーモン
    【ティモシー・マクギー】ショーン・マーレイ
    【エレノア・ビショップ】エミリー・ウィッカーシャム
    【ニコラス・トーレス】ウィルマー・バルデラマ
    【ドナルド・マラード】デビッド・マッカラム
    【ジャック・スローン】マリア・ベロ(8話まで)
    【ジミー・パーマー】ブライアン・ディーツェン
    【レオン・ヴァンス】ロッキー・キャロル
    【ケイシー・ハインズ】ディオナ・リーズンオーヴァー
  • NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン18 見どころ

    今シーズンの第2話「Everything Starts Somewhere(原題)」は記念すべき通算400話のスペシャルエピソード。このエピソードではダッキーとギブスの友情にスポットがあたる。これまでも彼らの若い頃は何度か描かれてきたが、どのように出会って友達になったのかは不明だった。過去と現在がリンクしながら、フラッシュバックで描かれる。ちなみに若き日のギブスを演じるのはこれまでと同じくマーク・ハーモンの息子である、ショーン・ハーモン。そして、ダッキーの若き日もこれまで同様アダム・キャンベルが演じる。ファン必見のエピソードとなる。
  • 第7話「The First Day(原題)」では、マクギー(ショーン・マーレイ)やビショップ(エミリー・ ウィッカーシャム)がコロナ禍の生活について話している。ブライアン・ディーツェン演じるジミー・パーマーが「仕事のあと毎晩、一人で子育てを頑張っている。妻ブリーナがいなくなったことが一番辛い」と語るシーンがあるが、妻ブリーナが亡くなったのは新型コロナウイルス(COVID-19)によるものだった。「病院はブリーナに会わせてくれなかった」と、最愛の妻に最期の別れもできなかったと嘆くパーマーの姿は悲しい限りである。なお妻ブリーナを演じていたミシェル・ピアースはシーズン7の第16話にジミーの恋人として初登場。その後も数話ゲスト出演している。
  • シーズン15より登場していた元米国陸軍少尉で犯罪心理学者のジャック・スローン演じるマリア・ベロの降板が決定。第8話で去る。その第8話「True Believer(原題)」ではタリバンに誘拐されたと思われる行方不明の少女たちを捜すために、ギブスとアフガニスタンへ。無事少女たちを救出したスローンは、同じような境遇の少女たちを助けるためにアフガニスタンに残ることを決意。ギブスと別れのキスを交わす。
  • 第11話「Gut Punch(原題)」からマーシー・ウォーレン役として4話連続で登場するのは、マーク・ハーモンの妻であり女優のパム・ドーバー。経験豊富な調査ジャーナリストとして出演している。パム・ドーバーは1978年から1982年まで放送されたコメディドラマ『モーク&ミンディ』でロビン・ウィリアムズ(『ミセス・ダウト』)の相手役を務めたことで知られている。