9-1-1:LONE STAR シーズン1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • あの衝撃的な出来事9.11。オーウェン・ストランド(ロブ・ロウ)は、9.11のマンハッタンの消防署で唯一の生存者。心身ともに傷を負いながら、消防署の再建に尽力する。そして、同じような悲劇がテキサス州オースティンの消防署で起こった。それをきっかけに、オーウェンは問題を抱えた同じく消防士の息子TK(ローネン・ルビンスタイン)とともに、その再建を手伝うことに。早速オースティンに到着したオーウェンは、救急救命士のミシェル・ブレイク(リヴ・タイラー)と警察官カルロス・レイエス(ラファエル・シルバ)と出会う。そして配属された消防署126分署でともに戦う新しいチームメンバーを集め始める。彼が選んだメンバーには、敬虔なムスリムでもある消防士や、トランスジェンダーの男性消防士、新人消防士、そして悲劇が起こった元126分署消防隊の唯一の生存者で、9-1-1コールセンターのオペレーターを妻にもち、PTSDに苦しむ消防隊員ジャッド(ジム・パラック)もいた。
  • 【見どころ】人気のレスキュー・ヒューマンドラマ『9-1-1:LA救命最前線』のスピンオフ

    本家である『9-1-1:LA救命最前線』は、日本でいう110番、119番の役目を兼ね備えたアメリカの緊急通報ダイヤル、911番をテーマに、従来なら姿の見えない脇役となりがちな通報電話の受け手である救急オペレーターをはじめ、警察、消防署の隊員までを含めたこれまでにない視点で描いたレスキュー・ヒューマンドラマ。その本家の舞台がロサンゼルスであるのに対し、今回の『9-1-1:LONE STAR』は白い星を一つあしらった州旗から「ローン・スター・ステイト」とも呼ばれるテキサス州で物語が繰り広げられていく。本家9-1-1では地震、津波といった自然災害も描かれていたがテキサスが舞台のこちらでは竜巻が発生。また、シーズン終盤では太陽嵐という太陽フレアが発生した際に爆発的に放出される電磁波・粒子などが、地球上や地球近傍の人工衛星等に甚大な被害をもたらす現象が描かれるなど、自然災害でダメージを受けた事故現場の息を呑む救出シーンもまた見どころの一つとなる。

    アメリカでは2020年1月19日から放送開始。現在アメリカではシーズン2がオンエア中。
    初回放送は全米における該当期間の新作ドラマでトップの視聴率を記録した。なお本家とのクロスオーバーエピソードはシーズン2からとなっている。
  • 【見どころ】日本でも人気のロブ・ロウ、リヴ・タイラー共演のドラマ

    偏見を取り払って部下たちの素質や才能を見抜き、私生活に様々な問題や悩みを抱えた彼らを温かく見守る大らかな署長オーウェン・ストランドを演じるのは、80年代のハリウッド映画を代表するイケメン・アイドル俳優にして、『ザ・ホワイトハウス』や『ブラザーズ&シスターズ』などのドラマでもお馴染みのロブ・ロウ。ルックスに自信満々で美容や髪型にこだわる中年ナルシストという、まるで自身のパブリック・イメージを皮肉ったようなキャラを楽しそうに演じつつも、ガン治療や加齢の影響によって自信を喪失していくオーウェンの「中年の危機」も人間味たっぷりに表現している。

    さらに、そんなオーウェンの良き理解者となる救命士チームの隊長ミシェルには、『アルマゲドン』や『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどの大ヒット映画でお馴染みのトップ女優リヴ・タイラー。救命士の仕事の傍らで恵まれない人々を支援する心優しいミシェルだが、その一方で忽然と姿を消した妹の行方を探して時に暴走し、さらに実はその妹に対して愛憎半ばする感情を抱いているという複雑な女性でもある。映画にテレビに輝かしいキャリアを誇る2大スターの豪華競演にも要注目だ。
  • 【見どころ】数々の人気ドラマに携わってきたベテラン制作陣

    『glee/グリー』『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』『アメリカン・ホラー・ストーリー』『9-1-1:LA救命最前線』など幾多の名作を手掛けたライアン・マーフィー(脚本家)。『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』『glee/グリー』『アメリカン・ホラー・ストーリー』など、ライアン・マーフィーと親密にタッグを組むブラッド・ファルチャック(テレビプロデューサー・監督)。そして『新スーパーマン』や『Xファイル』『アメリカン・ホラー・ストーリー』や『ドールハウス』を手掛けたティム・マイナー(脚本家、監督)が本作に脚本家として携わっている。加えて主人公のキャスト、ロブ・ロウも彼ら3人とともに共同エグゼクティブプロデューサーとして名を連ねていることも見逃せない。