プリズン・ブレイク シーズン3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 ようこそジャングルへ(Orientación)

    パナマで逮捕されたマイケルは刑務官のいない“SONA”に収容される。
    出入り口が厳重に管理された建物は、24時間の監視付きで囚人だけで社会が構成されている特殊な場所だった。
    兄リンカーンはマイケルをSONAから救い出そうと奔走するが、ある人物から「ウィスラーという人物と一緒に1週間以内に脱獄させろ」という脅しをかけられる。
  • 第2話 第三の男(FIRE/WATER)

    謎の人物スーザンにLJとサラを人質にとられたマイケルとリンカーン。
    やむなく脱獄の条件であるウィスラーという人物について尋ねると、SONAの囚人皆が探していることをマイケルは知る。
    パナマ市長の息子を殺したため、ウィスラーを殺した囚人は釈放、という条件があるという。
  • 第3話 望みなき者(CALL WAITING)

    ホテルのドアに差し込まれた封筒を見つけたリンカーン。そこにはその日の新聞を持ったサラとLJが写っていた。
    彼女の安全を確認するため、と偽ってサラとの電話を手配させたマイケルは暗号を使って会話し、サラの監禁場所を突き止める。
    リンカーンは救出に向かうがあと1歩のところで2人は連れ去られ、「脱獄するしか2人を救う道がない」とマイケルを説得する。
  • 第4話 フェンス(GOOD FENCES)

    SONAの周りに張り巡らされている「高電圧」の札がかかるフェンスに、実際には電流が流れていないことを知ったマイケル。
    所内を停電に見せかけ、修理が必要な状況をつくる。特別に許可をもらって塀の外の電線を修理したマイケルは、本当に電流が流れるように修理する。
    墓堀人になりすましたスクレが死体の腐敗臭防止の薬品をフェンスにかけると、熱と反応しフェンスの鉄が溶け始めるのだった。
  • 第5話 作戦開始(INTERFERENCE)

    見張りが厳しい夜間ではなく、午後の時間帯を脱獄に選んだマイケルは双眼鏡を手に入れ監視塔の監視員を観察し始める。
    彼らが隙を見せる瞬間を見極めフェンスの穴をくぐろうという計画だ。しかし、双眼鏡のレンズが反射したのを見咎めた監視員から威嚇射撃を受ける。
    マイケルの房は封鎖され、土壇場で、計画は白紙にもどってしまうのだった。
  • 第6話 3時13分(PHOTO FINISH)

    脱獄決行は午後3時13分。マイケルは真昼間に行動することを決断する。
    サッカーの試合が始まり囚人が全員中庭へ行く時に、監視員も眠らせる計画だった。
  • 第7話 オオカミ少年(VÁMANOS)

    マイケルがウィスラーに決闘を申し込んだ。が、実はこれは、囚人達を中庭に引きつけておいてその間に脱獄するという作戦だった。
    荷物整理のフリをして房に戻ると用意していたはしごで外へと出るのだが…。
  • 第8話 強行突破(BANG & BURN)

    脱獄騒ぎのせいでSONAでは全ての窓格子が強化された。
    新たに脱獄メンバーに加わったルチェロの手引きで、秘密の地下トンネルの存在を知ったマイケルはそこから地上へ穴を掘って脱出する計画を思いつく。
  • 第9話 籠のトリ(BOXED IN)

    マイケルがSONAに入所してから脱獄騒ぎが増えたことに不審を感じた司令官は、マイケルを拷問用のオリに監禁し真実を話すよう迫る。
    拷問の末、マイケルは「組織」に脅迫されていたことを話し始める。その様子を見たウィスラーとルチェロはマイケル抜きで計画を進める。
  • 第10話 裏切り者に死を(DIRT NAP)

    いつまでもマイケルに甘い対応を見せるボス、ルチェロに業を煮やしたサミーはついに反旗を翻す。
    新しいボスの座に着いたサミーは、さっそく囚人達に向かってマイケルと引き換えにラム一箱を渡すと宣言する。
  • 第11話 7人の夜(UNDER AND OUT)

    突然の大雨で、脱出用のトンネルが陥没寸前になってしまった。急遽今夜の決行に向け急ピッチで作業を進めるようにマイケルは指示する。
    マイケルたちが脱獄を企てていると感づいたマクグレディは仲間に入れて欲しいと懇願する。
    しかし、逃亡生活の辛さを知っているマイケルは、ここに残るほうがいいとなだめる。
  • 第12話 天国と地獄(HELL OR HIGH WATER)

    いよいよ、決行の時。予定通り敷地内が停電すると、ルチェロ、ティーバッグ、ベリックは我先にと脱出用の穴から飛び出しフェンスをめがけて走り出した。
    しかし、発電機が作動し電力はあっという間に回復、3人は捕まってしまう。
    事件発生に監視員たちが大騒ぎしている中、マイケルたちはタイミングを見計らってトンネルからの脱出に成功する。
  • 第13話 駆け引きの行方(THE ART OF THE DEAL)

    無事にSONAの外へ脱出したマイケルだったが、ウィスラーが組織の関係者であることを確信すると人質にする。
    LJとの人質交換にスーザンを博物館に呼び出すのだが…。