ミディアム 霊能捜査官アリソン・デュボア シーズン1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 予知夢(PILOT)

    アリソンは、33歳の女性。夫と娘たちと幸せな日々を送っていた。
    そんな中、地方検事局で働き始めたアリソンは、頻繁に予知夢を見るようになる。夫が試しに彼女の夢を記録して捜査機関に送ると、テキサス・レンジャーズから連絡が入る。テキサス州では17歳の少年による男児誘拐事件が発生していた。
    彼女の発言を元に捜査が始まるかに見えたが・・・。
  • 第2話 夢と記憶(SUSPICIONS AND CERTAINTIES)

    デヴァロス検事のもとで働くことになったアリソンは、重要な裁判の陪審員選びを任される。今回の被告は連続殺人犯で、何としても極刑にしなければならない。検事は、彼女の霊能力に賭けたのだ。
    候補者たちの背後に隠された真実を見抜き、評決に必要な人物を選び出していくアリソン。そして、犯人の死刑が確定するのだが・・・。
  • 第3話 死の婚礼(A COUPLE OF CHOICES)

    ある若い夫婦が死亡する事件が発生。デヴァロス検事の友人スキャンロン刑事は、ここ数年の間に起きた同様の事件解決に執念を燃やしていた。当局はいずれも無理心中と断定したが、スキャンロンの見立ては違った。
    死んだ夫婦の中に、彼の妹夫婦が含まれていて、彼らには無理心中する理由がなかったからだ。アリソンも第三者が夫婦を殺害したと確信するが・・・。
  • 第4話 新しい友達(NIGHT OF THE WOLF)

    アリソンの次女ブリジットには友達がいなかった。間もなく、アリソンと夫のジョーはブリジットから新しい友達ボビーの話を聞くが、ブリジットは見えない者と遊んでいるようだった。
    実は、ボビーは5年前に他界していたのだ。ブリジットの問題と平行して、ある殺人事件に関わっていたアリソンは、偶然目撃証言を耳にする。目撃者が語った犯人像は、彼女が感じた人物と全く違っていた。
  • 第5話 訪れた危機(IN SICKNESS AND ADULTERY)

    アリソンは夢で、警官のブラスキーと出会う。彼は自分の棺に知らない拳銃が紛れていると告げ、さらに「オーストラリア」という謎の言葉を残す。ブラスキーはデヴァロス検事が扱っている、警官殺しの犠牲者だった。
    アリソンの能力で凶器の拳銃が発見されるが、被告側の弁護士ワットは、証拠自体の信憑性を失わせるため、彼女を証言台に立たせようとする。
    裁判の当日、ワットの「あなたは一体何者か?」という質問にアリソンは・・・。
  • 第6話 未来からのメッセージ(COMING SOON)

    アリソンは、見知らぬ男がアリエルを狙う夢を見た翌朝、その男と検事局で出くわす。男の名前は、ジャレッド・スワンストロム。強盗事件の通報者で、善良な市民だった。
    不信感をぬぐえないアリソンは、彼に近づき、握手をする。その途端、アリソンはおぞましい感覚に包まれ、思わず吐いてしまう。彼が女性をレイプして砂漠に遺体を捨てる映像が見えたのだ。
  • 第7話 リワインド・ドリーム(JUMP START)

    アリソンは、イザベルという女性が崖から飛び降りる夢を見る。間もなく、彼女の恋人グレッグが、ワット弁護士の息子だと知る。アリソンは、思わぬ偶然に困惑しながらも、イザベルの夢を見続け、彼女が自殺する前の様子が明らかになる。
    彼女は1人で崖へ来たのではなく、ある人物に車で送られてきたのだった。その人物とは・・・。
  • 第8話 告白のとき(LUCKY)

    弟のマイケルが戦死する夢を見たアリソンは、軍に問い合わせたり、ニュースを見続けるが、消息は分からない。ところがある晩、マイケルが同僚のトミーと訪ねてくる。トミーから、戦況はいつもマイケルの予想通りになる、と聞いたアリソンは、マイケルにも自分と同じ能力があるのではないかと感じ始める。
    そんな中、放火事件の調査を依頼されたアリソン。夜、アフガニスタンで戦死した、マイケルの上官チャドウェイ軍曹に会う。
  • 第9話 秘密の少女(CODED)

    夢でサラという少女に出会った、長女のアリエル。その少女は、2年前に起きた事件の被害者で、記録上は死亡とされていた。
    サラの生存を訴えるアリエルに、戸惑うジョーとアリソン。さらにアリエルは、事件に隠れていた別の男の存在を指摘する・・・。
  • 第10話 再会(THE OTHER SIDE OF THE TRACKS)

    ある夢の影響で不眠症となるアリソン。彼女はカードウェル博士に助言を求めるが、分析を進めるうちに、夢に現れる少年のひとりが博士本人であることが判明する。
    そして、もうひとりの少年とは、その時に失踪した彼の弟だった。
  • 第11話 40年の時を経て(I MARRIED A MIND READER)

    風邪で休養中のアリソンは、40年前の殺人事件を目撃する。それは、TVドラマの主演女優が、共演者で夫のヘンリーに殺害された事件だった。
    服役中の彼を訪ねるアリソン。彼女は40年前の真実に迫っていく。
  • 第12話 蘇った死刑囚(A PRIEST, A DOCTOR AND A MEDIUM WALK INTO AN EXECUTION CHAMBER)

    ある殺人事件で現行犯逮捕された男が、犯人は自分ではなくゴーストだと主張する。彼によるとそれは、数日前に死刑が執行された殺人犯セレラだというのだ。
    複数の夢により混乱するアリソン。だが、徐々に事件の核心へと近づいていく。
  • 第13話 究極の選択(BEING MRS. O'LEARY'S COW)

    ある女性が失踪し、彼女の夫が容疑者とされた。デヴァロスの依頼を受け、彼の事情聴取をするアリソン。
    だが、その男は、夢の中で飛行機事故を救った機長だった。彼女は、夢と事件の狭間で苦悩する。
  • 第14話 無罪と有罪(IN THE ROUGH)

    殺人罪で服役中の男が冤罪を主張する。10年前に起きたその事件の第一発見者は、当時、新米警官のスキャンロンだった。再捜査の中で揺らいで行く男の有罪。
    その中でアリソンは、同時期に起きていた少女の失踪事件に関心を持つ。
  • 第15話 悪魔のささやき(PENNY FOR YOUR THOUGHTS)

    少女が惨殺される夢を見るアリソン。実際の事件はすでに解決していたが、夢とは異なる点があった。それは、少女の名前と、犯行現場にもう1人の男がいたこと。
    彼女は自分の能力を信じて調査を進めるが、何者かの影に翻弄されていく。
  • 第16話 フェニックスの怪人 Part1(WHEN PUSH COMES TO SHOVE(1))

    「フェニックスの怪人」と呼ばれる連続誘拐殺人犯が、街を恐怖に陥れる。アリソンは犯人のメッセージを発見し、テキサスにも犠牲者がいた事が判明。
    彼女を信頼するプッシュ警部は、犯人逮捕のため、驚愕の選択をする。