リスナー 心を読む青い瞳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 特別な力(I'm an Adult)

    救急救命士のトビーには他人の心を読む力がある。
    その能力から目を背けてきたトビーだったが、事故に遭った女性アンナの心を読み、彼女の子供が誘拐されたことを知る。しかし何者かに脅されているアンナは真相を話そうとせず、トビーは1人で捜査に乗り出す。
    やがて警察官の死体が発見され、そのパートナーである警察官がアンナの子供を連れ去ったことが分かる。
    トビーは事件の真相を暴き、親子を救うことができるのか。
  • 第2話 放火犯(Emotional)

    トビーの旧友ヴィンスの家が爆発を起こす。
    警察は覚せい剤の製造が原因だと考えるが、ヴィンスは放火の可能性を示唆。以前から不審な火事が続いていることに目をつけたトビーは、ヴィンスの無実を信じて独自に犯人を捜し始める。
    事故現場に仕掛けられたタイマーと過去の連続放火犯を結びつけるが、彼にはアリバイが。
    その後オリビアに近づく消防士トムの心を読んだトビーは、彼に疑いの目を向け始める。
    トムの隠された過去とは?
  • 第3話 少女の叫び(Voices in the Dark)

    街で暴れるホームレスの心を読んだトビー。
    彼の心には、助けを求める少女の姿が映し出されていた。男が少女を監禁していると疑うトビーは、6ヵ月前の失踪事件と結びつけて、少女の行方を捜し始める。
    やがてトビーは男が自分と同じテレパスなのでは、という期待を抱く。
    一方、トビーの行動を不審に思うオズはライダー隊長に相談。オズが精神的な問題を抱えていると勘違いした隊長は、専門家を呼んでカウンセリングを受けさせる。
  • 第4話 一夜の恋人(Some Kinda Love)

    クラブで魅力的な病理医ミナと意気投合したトビー。
    その翌日に彼女の死体が発見される。元恋人を追及するが、彼の心を読むと無実であることが判明。やがて絞殺だと思われていた死因に別の可能性があることに気づいたトビーは、マークス刑事の反感を買いながらも、ミナが殺された理由を探る。彼女は心に何を抱えていたのか。
    街でピーナツアレルギーの女性を助けたオズは、彼女から思わぬアプローチを受け、戸惑いを隠せない。
  • 第5話 本当の自分(Lisa Says)

    街で暴行される少年ダニエルを救ったトビー。
    過去の自分に重ね合わせてダニエルの身を案じるが、ダニエルは病院から逃走。身辺を調べていくうちに、彼が少女リサを殺したと周囲に話していたことを知る。
    やがてダニエルとリサの関係性から、ダニエルが仲間たちと薬局強盗を重ねる本当の理由が明らかになる。
    ラッパーのヤング・サンダを助けたオズは、自身のデビューを目指してデモテープを作成。サンダに聴かせることはできるのか。
  • 第6話 残された妹(Foggy Notion)

    チャイナタウンの銃撃事件で2人の男性が犠牲になる。
    警察はギャングの一員を狙った犯行だと考えるが、もう一方の男性レイモンドが死ぬ直前まで妹キムの身を案じていたことを知ったトビーは、彼こそが狙われた人物だと確信。
    目の見えないキムを守るために、真犯人を探す。
    その後、レイモンドが持っていた書類を狙う男がキムの家に侵入。心当たりがないというキムを自宅で保護し、トビーはレイモンドが働く運送会社に乗り込む。
  • 第7話 アイリス(Iris)

    赤ん坊がホテルの窓から落下し、救援に駆けつけたトビーとオズ。
    そこで少女アイリスが超自然的な治癒力で赤ん坊を回復させるのを目撃する。アイリスがヒーラーとして信奉されていることを知ったトビーは、彼女が同胞だと信じてその力を探ろうとするが、彼女の命を狙う男の声を聞いてしまう。
    やがて銃を持った男がアイリスの前に現れ、マークス刑事も捜査を開始。一方、旧知のホームレスが重病を患い、トビーとオズは心を痛める。
  • 第8話 マスク(One Way)

    早朝の公園でレイプ未遂が発生。被害者の救護に駆けつけたトビーは、彼女の心の中にマスク姿の男を見る。
    過去のレイプ犯と同じ手口だと確信し、釈放された男を問いただすチャーリー。アリバイがあるにも関わらず男を追い詰めようとするチャーリーを見かねて、上司のベッカーは彼女を捜査から外す。
    トビーは被害者の心を読んで捜査に協力しようとするが、チャーリーは冷たく拒絶。やがて彼女の過去に原因があることを知る。
  • 第9話 隠れた人格(Inside Man)

    ある夫婦の殺害現場に駆けつけたトビーとオズは、傷を負った息子アンディを発見する。
    トビーは彼の心を読み、アンディと同じ学校に通う少年2人が家を襲ったことを知る。しかし2人を殺害と結びつける証拠はなく、チャーリーはアンディが犯人である可能性を示唆。
    そしてアンディが強盗を仕組んでいたことが発覚する。
    一方、うるさい妹ジェニファーの訪問を受けたオリビアは、彼女から離れるためにトビーとオズに協力を求める。
  • 第10話 懸賞金(Missing)

    オズの両親が持つトルコ料理店が経営難に陥る。14日間で10万ドルを用意しないと店を失うと知ったトビーは、賞金が懸かった行方不明の遺体を捜すことに。
    行方を消したのは若く美しい女性ケイティで、彼女を殺した容疑で有罪判決を受けた夫アーサーが、無罪を主張するために賞金を出していた。
    アーサーの犯行に疑問を持ったトビーは、彼の同僚の心を読み、ホッケーのゴールキーパーがケイティに発砲するシーンを目撃する。
  • 第11話 一筋の光(Beginning to see the light)

    銃と女性の写真を持った男が「殺してやる」と心の中で訴えながら死んでいく。彼が殺し屋だと疑うトビーは、写真の女性を捜し出して警告しようとする。
    しかし彼女は死亡した男の娘リンジーだと判明。彼女の父親ロンは横領罪で15年間服役しており、盗まれた400万ドルが見つかっていないことや、ロンが突然リンジーに連絡を取ったことを知る。
    ロンが無実だったと考えるトビーは、リンジーと共に横領事件の真犯人に迫っていく。
  • 第12話 閉ざされたドア(My Sister’s Keeper)

    歌手を殺した罪で有名プロデューサーが逮捕される。死亡時に出動したトビーは予備審問で証言。被害者の心の声を聞き、命を救おうと現場を荒らしたため、弁護士に鋭い質問を浴びせられる。
    被害者の姉は証言台でプロデューサーの罪を責めるが、傍聴席の男性の心を読んだトビーは彼女の偽証を疑い始める。
    一方、交通事故に遭って搬送された老人が、トビーの幼い頃を知っていると話す。しかし事故によって彼の記憶に障害が起きていた。
  • 第13話 過去への旅(The Journey)

    事故に遭って搬送された老人フランクが、幼いトビーをレイに預けた人物だと判明。彼のおぼろげな記憶から、トビーは母親マヤが生きていることを知る。マヤはトビーを捜しているらしいが、その目的は不明のまま。
    一方、フランクの病室に謎の男ビクターがやってくる。病院でトビーのことを聞き回る様子に不信感を持つオリビアやオズ。
    さらにトビーの心に自動車事故の映像が飛び込んでくるが、誰の心から発したものか分からない。