ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~ シーズン4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 問われる忠義心(UNWRITTEN RULES)

    宝石店で強盗事件が発生。犯人を追跡していた警官が腹部を撃たれ死亡した。
    現場付近で聞き込みをした結果、アンジェロ・リードという人物が浮かび上がる。目撃者に数枚の写真を見せ、犯人を特定しようとするダニー。
    ところが、逮捕した容疑者をエリンが証拠不十分で不起訴にしたことから、ダニーと一触即発の状態に…。
  • 第2話 スターの秘密(THE CITY THAT NEVER SLEEPS)

    有名な映画スターのラッセル・バークが役作りのためダニーに同行することになった。
    しかし、武装した容疑者の逮捕に介入したり、警察署に麻薬を持ち込んだため、ダニーは引退した刑事を紹介すると言って、自分の名刺を渡す。
    その夜、ダニーの元にラッセルから何者かに刺されたので助けて欲しいという連絡が入る。
  • 第3話 NY市警の役割(TO PROTECT AND SERVE)

    巨大なテロ組織を潰すために国土安全保障省が抱えていた内通者が殺人容疑で起訴され、訴訟中にエリンに銃を突きつけて法廷に立てこもる。
    人質解放の取引を任されたのはダニーだった。
    その頃ジェイミーが上司の命令に背いて停職処分を受けてしまい、フランクは適切な判断を迫られることになる。
  • 第4話 警官の自由裁量(THE TRUTH ABOUT LYING)

    ダニーとバエズは、ホームから突き落とされて死んだ10代の少女の事件を捜査することに。鉄道の職員に話を聞くと、犯人と思われる人物は、おとなしいかと思えば、突然逆上したりする男で、”ハルク”と呼ばれていた。
    一方フランクは、NY市警のポリシーを監督するために新しく派遣されてきた監察官に頭を悩ませる。
  • 第5話 信仰が揺らぐ時(LOST AND FOUND)

    レストランで幼い少女と父親を見かけたエリンとニッキー。2人が去ったテーブルには「助けて」と書かれたメモが残っていた…。ダニーとバエズは少女が誘拐されたとにらんで捜査を開始。
    少女の母親は誘拐を否定するが、話の筋が通らない。一方フランクは、飲酒運転で逮捕されたNY市警所属の神父の元を訪れることに。神父は2か月の間に4度も飲酒運転をしていた。
  • 第6話 青少年更生プログラム(GROWING BOYS)

    青少年更生プログラムに参加していたトーマス。ジェイミーは仲間に追われていたトーマスを助けようと彼らを追跡中、仲間の一人が車に轢かれてしまい、内部調査を受けることになる。一方、ダニーの元恋人の婚約者が麻薬取引をしていないか調べるため、バエズが彼の経営するジムで潜入捜査をすることに。
  • 第7話 賭けの誘惑(DRAWING DEAD)

    証券マンのT・クレーマーが殺害され、現場の状況からプロの殺し屋の手口と見られた。捜査を開始したダニーとバエズは、殺された男がギャンブルにハマり多額の借金をしていたことを突き止める。
    そんな中、ある警官が逃走中の少年を背後から撃ったとの疑いがかけられ、NY市警は地元住民や市長から精査されることになる。
  • 第8話 友のため(JUSTICE SERVED)

    夕食を共にした直後、マフィアの弁護士をしている幼なじみのアンジェロ・ギャロが何者かに撃たれてしまうが、フランクは九死に一生を得る。一方ダニーは陪審員として殺人事件の裁判に参加し、ただ1人反対意見を主張する。