ジェイミー&ジミー フード・ファイト・クラブ シーズン5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 ジョン・ビショップ/究極のベジラザニア(JOHN BISHOP)

    今回のゲストは大人気コメディアンのジョン・ビショップ。まずジェイミーが紹介するのは味が何層にも重なった香り豊かなタイ風グリーンカレー。
    スペシャル料理はジョンの友人のレシピをベースに、好物ばかりを具材にした究極のべジラザニア。
    ワイルドフード・チャレンジではジミーが野生のハチミツを採るべく、ミツバチの巣箱作りに挑戦する。
    フード・ファイトでは学校の休暇中に食事に困る子供たちの問題に取り組む。
  • 第2話 サルマ・ハエック/思い出のキッバ(SALMA HAYEK)

    今回のゲストはハリウッド女優のサルマ・ハエック。まずジェイミーが紹介するのは皮をパリパリに焼いた香ばしい鴨肉とバラエティー豊かな野菜を巻いた北京ダック。
    スペシャル料理はサルマが父親の母国を初めて訪れた際に食べた、レバノンの国民食キッバ。
    ワイルドフード・チャレンジはドローンを使って空中からキノコを探す。
    フード・ファイトでは国内で敬遠されがちなムール貝をもっと食べてもらおうと、料理レッスンを開催する。
  • 第3話 リンジー・ローハン/ミートボール入りチキンポットパイ(LINDSAY LOHAN)

    ジミーは自然の食材を求めて海へ向かい、自作のやすでスピアフィッシングに挑戦。ジェイミーは鹿肉を料理し、特別なグレービーソースを作る。
    カフェのゲストはリンジー・ローハン。ニューヨークのお気に入りの店のチキンポットパイに挑戦したいという彼女に、ジェイミーとジミーはサプライズを準備する。
    またジェイミーとジミーはブラック・プディングに注目。乾燥した血ではなく新鮮な豚の血液を使うよさを広めようと奮闘する。
  • 第4話 アリーシャ・ディクソン/衝撃のスパイシー・プラウン(ALESHA DIXON)

    今回のゲストはマルチタレントのアリーシャ・ディクソン。まずジェイミーが紹介するのは1980年代の定番料理、サーモンのアンクルートをアレンジした“オープン・アンクルート”。
    スペシャル料理はアリーシャが数年前にムンバイを訪れた際に食べ、衝撃を受けたスパイシー・プラウン。
    ワイルドフード・チャレンジは犬を連れて黒トリュフを探す。フード・ファイトでは牛乳生産の実情に迫り、放牧牛乳を広めるために奮闘する。
  • 第5話 マイケル・マッキンタイア/愛妻へのホタテ料理(MICHAEL MCINTYRE)

    今回のゲストはコメディアンのマイケル・マッキンタイア。まずジェイミーが紹介するのはコンフォートフードの定番、ミートローフ。
    スペシャル料理はマイケルが妻との初めてのデートで食べた、ホタテ料理。当時、2人が訪れた店で働いていたジェイミーが作り方を伝授する。
    ワイルドフード・チャレンジでは海の幸を求め、サフォーク州の海に行く。フード・ファイトではチキン店で売られている鶏肉の品質を向上すべく奮闘する。
  • 第6話 スカーレット・モファット/家族と食べるスコッチエッグ(SCARLETT MOFFAT)

    今回のゲストはタレントのスカーレット・モファット。まずジェイミーが紹介するのは伝統的な家庭料理、フィッシュパイの豪華版。
    スペシャル料理はスカーレットが家族との集まりで必ず食べるスコッチエッグ。料理のカギとなる、とろとろの卵のゆで方をジェイミーが伝授する。
    ワイルドフード・チャレンジでは野生の鹿を特別な方法で調理する。フード・ファイトでは食品ロスの削減を目指し、新たな取り組みを始める。
  • 第7話 マーティン・クルーンズ/懐かしのマヨルカ風パエリア(MARTIN CLUNES)

    今回のゲストは俳優のマーティン・クルーンズ。まずジェイミーが紹介するのはラム肉のフレンチラックとポテトのオーブン焼き。
    スペシャル料理はマーティンの好物、パエリア。幼少期に他界した父と休日を過ごしたマヨルカ島で食べた懐かしの味を再現する。
    ワイルドフード・チャレンジでは野生の植物からルートビアとカクテルを作る。フード・ファイトでは魚の持続可能性を追求し、より多くの種類の魚が消費されるよう働きかける。