アメリカズ・ゴット・タレント シーズン16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 予選(1)(AUDITIONS 1)

    大人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」が帰ってきた。
    サイモン・コーウェルがケガから復帰し、おなじみの審査員ハウイ・マンデル、ハイディ・クルム、ソフィア・ベルガラ、司会のテリー・クルーズが再集結。
    挑戦者は生の観客が見守る中、コロナ禍で抑圧されていたエネルギーをステージにぶつける。
    合唱団にマジシャンと様々な才能を持つ者が登場し、会場は大盛り上がりだ。熱気に満ちた予選を一緒に楽しもう。
  • 第2話 予選(2)(AUDITIONS 2)

    オーディションの第2夜目。アメリカだけでなく日本、韓国、カナダからやってきたシンガー、ダンサー、マジシャン、コメディアンたちを4人の審査員たちが迎える。
    日本からは一輪車を巧みに操るユニサークル・フローが参戦。果たして彼らのパフォーマンスは、サイモンのお眼鏡に適うのか。
    さらに脱出曲芸師のマット・ジョンソンが、危険な脱出劇で会場を絶叫の渦に巻き込む一方、ナイトバードの歌声が審査員や観客の涙を誘う。
  • 第3話 予選(3)(AUDITIONS 3)

    オーディションの第3夜目。今回も様々なジャンルの挑戦者が参戦。ニューヨークから来た3人のボーイズグループが、力強く美しいハーモニーで観客を魅了する。
    さらには70歳を迎える女性ダンサー、51歳の女性ミュージシャン、不気味な謎のマジシャン、ワールド・テコンドーのデモンストレーションチームなどが、それぞれの持ちネタを披露。
    最後にはテリーによるゴールデンブザーも飛び出し、会場は喜びと歓声に包まれる。
  • 第4話 予選(4)(AUDITIONS 4)

    オーディションの第4夜目。今回の挑戦者も曲者ぞろい。SNSを通じてグループへと発展したシャッフルダンスチームは、元気いっぱいのダンスで会場に明るい風を吹き込む。
    さらに9歳の日系アメリカ人マジシャン、イスラエルからやってきたヨガパフォーマー、イヌを引き連れたシンガー、ラスベガスの空中曲芸師などが、優勝を目指して持ちネタを披露。
    最後には、サイモンが過去の出演者を巻き込み、大がかりなイタズラを仕掛ける。
  • 第5話 予選(5)(AUDITIONS 5)

    予選5夜目。今回も全米各地からバリエーションに富んだ挑戦者が参戦。
    LAのマッスルビーチからやって来た筋肉自慢の4人グループや、犬と息がぴったりのパフォーマンスを披露するカナダ出身の女性、古き良きアメリカのカントリーとモダンなラップを組み合わせた男性バンド、フランス出身の早着替えマジシャンなど盛りだくさん。
    シアトルからやって来たイギリス出身の超能力者の演目中には、ソフィアの婚約の裏話も明らかに。
  • 第6話 予選(6)(AUDITIONS 6)

    予選6夜目。今回も続々と挑戦者が登場。
    ノースカロライナからやって来た男性では珍しいバトントワラー、SNSで多くのフォロワーを獲得している女性シンガー、30人の大所帯で挑むダンスグループ、フロリダの童顔コメディアンなど。
    そんな中、カリフォルニアからやって来た男性の身の上話が審査員と観客の心を打つ。
    最後には9歳の女の子シンガーがオーディションに挑戦。彼女に対してサイモンが提案した前例のない判定とは?
  • 第7話 予選(7)(AUDITIONS 7)

    予選7夜目。カンフーの達人である親子、様々な体形のダンサーを受け入れるバレエ団、オリジナル曲をひっさげた3姉妹によるガールズバンド、バランス曲芸とドラァグ・ショーを組み合わせたパフォーマーなど、今回も多彩な挑戦者が登場。
    満場一致でイエスを獲得する挑戦者もいれば、4人からノーを突きつけられる者もおり、審査員たちの評価に会場からブーイングが起こる場面も。
    果たしてライブショーに進出する挑戦者は…。
  • 第8話 予選(8)(AUDITIONS 8)

    予選最終日。審査員によるオーディションもいよいよ大詰めを迎える。
    ライブショーを目指して予選に臨んだのは、ウサギを愛するイスラエル出身の男性、カナダからやって来たバイオリン弾きの女性シンガー、リコーダーを巧みに操るエジプト出身の男性など。
    その他、チリやコロンビア、イギリスからも参戦。見事合格して夢の一歩を踏み出せるか。
    また、ライブショーを前に、150組以上の予選通過者を36組に絞り込む審議も始まる。
  • 第9話 準々決勝(1)(QUARTERFINALS 1)

    いよいよ準々決勝が始まる。2年ぶりのドルビーシアターでの開催に、会場は熱気に包まれる。
    10歳とは思えない歌唱力を持つピーター、ラテン系コメディアンのジーナ、結成数ヵ月ながら奇跡のハーモニーを奏でるワン・アコード、恐怖の脱出ショーを披露するマット、ソフィアからゴールデンブザーを贈られたジミーなど12組が登場。
    次に進出できるのは視聴者投票で選ばれた7組のみ。果たして過酷な戦いを制するのは?
  • 第10話 準々決勝 結果発表(1)(QUARTERFINALS RESULTS 1)

    準々決勝第一夜の結果発表。通過できるのは12組中7組だ。
    視聴者投票数の多い上位5組は自動的に準決勝に進出。6位から8位の3組は、視聴者によるライブ投票と審査員4名の投票によりそれぞれ1組が選ばれる。
    また、サイモンのゴールデンブザーでありながらも大会を辞退したナイトバードが特別出演するほか、2017年の優勝者である腹話術師のダルシー・リン、前回優勝の詩人ブランドン・リークが特別ステージを披露する。
  • 第11話 準々決勝(2)(QUARTERFINALS 2)

    準々決勝の第二夜。登場するのは全12組。
    コミカルなステージで審査員を魅了したジョニー・ショーケース、ハウイのゴールデンブザーを獲得したノースウェル・ナース合唱団、そしてAGT史上初となった、審査員たち4人とテリーによる全員のゴールデンブザーを獲得したビクトリー・ブリンカーなど、いずれも予選のステージで審査員たちを魅了した挑戦者たちだ。
    緊張が高まる中、挑戦者たちが披露する2度目のステージの行方は?
  • 第12話 準々決勝 結果発表(2)(QUARTERFINALS RESULTS 2)

    準々決勝第二夜の結果発表。通過できるのは7組。6位から8位の3組が固唾を飲んでライブ投票の結果を待つ中、上位5組は次々と準決勝進出を決める。
    果たして準決勝へと駒を進めるのは?
    さらに今回は、過去にAGTに出演したメンタリスト、ザ・クレアヴォイアンツによる特別ステージのほか、シーズン14の優勝者コーディ・リーが4度のグラミー賞受賞歴を持つシンガーソングライターであるH.E.R.との共演を披露する。
  • 第13話 準々決勝(3)(QUARTERFINALS 3)

    準々決勝第三夜。ハイディやテリーからゴールデンブザーを贈られたレア・カイルや、ワールドテコンドー・デモンストレーションチーム、「ポリスアカデミー」で一世を風靡したマイケル・ウィンスローなど、敗者復活枠の1組を含む12組が熱戦を繰り広げる。
    日本から参戦した一輪車ダンスチームのユニサークル・フローも再び登場。予選に続き迫力ある演技を見せられるだろうか?準々決勝最後となる戦いがいよいよ始まる。
  • 第14話 準々決勝 結果発表(3)(QUARTERFINALS RESULTS 3)

    準々決勝第三夜の結果発表が行われる。ゴールデンブザーを獲得したワールド・テコンドーデモンストレーションチームやレア・カイル、ワイルドカードで選ばれたストーム・ラージなど12組が登場。
    通過できるのは視聴者投票数の多い上位5組と、ライブ投票と審査員投票で選ばれる2組を合わせた計7組のみ。
    また、過去の優勝者であるマジシャンのシン・リムとバイオリニストのリンジー・スターリングが特別ステージを披露する。
  • 第15話 準決勝(1)(SEMI-FINALS 1)

    いよいよ準決勝。11組が登場する。会場の観客と全米各地にいる視聴者の期待が高まる中、挑戦者たちにのしかかるプレッシャーも最高潮に。
    ベテランのマイケル・ウィンスローでさえもが勇気を奮い立たせてステージに上がる一方、10歳のシンガー、ピーターはトラブルに見舞われる。
    そのほか、敗者復活枠のビヨンド・ビリーフ、空中曲芸師のエイダン・ブライアントなど、誰もがすさまじいプレッシャーと戦いながらステージに臨む。
  • 第16話 準決勝 結果発表(1)(SEMI-FINALS RESULTS 1)

    準決勝1回目の結果発表。前回ステージに立った11組のうち決勝に進む5組が決まる。視聴者投票数の多い上位3組が無条件で決勝に進む一方、4位から6位の3組はライブ投票へ。
    テリーとソフィアからゴールデンブザーを獲得した2組も脱落の危機に瀕する事態に。
    ゲストとして、映画「ディア・エヴァン・ハンセン」主演のベン・プラット、そしてAGTシーズン12のファイナリスト、プリーチャー・ローソンが登場。