ブリティッシュ ベイクオフ シーズン6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 ケーキ(CAKES)

    第1週目のテーマは「ケーキ」。ベイカーたちは緊張の中、オリジナル・チャレンジの課題マデイラケーキに挑む。
    次のテクニカル・チャレンジでベイカー達に出された課題は、クルミのケーキ。ベイカー達は、湯煎で作るアイシングや、クルミのキャラメリゼに苦労する。
    そして、最後のテクニカル・チャレンジの課題は、ブラック・フォレスト・ケーキ。それぞれ思い思いのケーキを作るベイカー達だが…。
  • 第2話 ビスケット(BISCUITS)

    第2週目のテーマは「ビスケット」。オリジナル・チャレンジの課題は、ビスコッティを24個作ること。2度焼きをするビスコッティに、ベイカーは苦労する。
    次のテクニカル・チャレンジの課題は、フランスのビスケット、アルレットを8枚。ベイカー全員が見たことがないお菓子で、レシピを頼りに何とか作り上げる。
    そして最後のテクニカル・チャレンジの課題は、36枚のビスケットが入った、ビスケットの箱。ハプニングもあり…。
  • 第3話 パン(BREAD)

    第3週目のテーマは「パン」。オリジナル・チャレンジではイースト不使用のソーダブレッドを自由な形で2つ作る。
    テクニカル・チャレンジの課題は均等なサイズのバゲット4本。ベイカーたちは、発酵、クープ、スチームなどに苦戦。
    最後のマスターピース・チャレンジの課題は3Dパンアート。制限時間5時間でフィリング入りを含む3種類のパンを作り上げる。その結果、番組史上初めて特別賞が設けられる。
  • 第4話 デザート(DESSERTS)

    第4週目のテーマは「デザート」。オリジナル・チャレンジは、クレーム・ブリュレ。ベイカーたちは12個分のカスタードの焼き加減に苦戦する。
    テクニカル・チャレンジは、スパニッシュ・ウィンドトルテ。ベイカーたちはメレンゲをふんだんに使ったオーストリアの上品なケーキに戸惑う。
    マスターピース・チャレンジの課題は、ベイクドチーズケーキを3段重ねたタワー。創意工夫を凝らし、斬新なケーキのタワーを完成させていく。
  • 第5話 代替食材(ALTERNATIVE INGREDIENTS)

    第5週目のテーマは、「代替食材」。オリジナル・チャレンジの課題は、砂糖不使用のケーキ作り。蜂蜜やフルーツ、植物由来のシロップなどでケーキに甘みを出す。
    テクニカル・チャレンジは、グルテンフリーのピタパンを12枚作ること。グルテンフリーのパンも未経験のベイカー達は大苦戦。
    最後のマスターピース・チャレンジの課題は、乳製品を使わないアイスクリームロール。工夫を凝らし、様々なアイスクリームロールに挑戦する。
  • 第6話 ペイストリー(PASTRY)

    第6週目のテーマは「ペイストリー」。オリジナル・チャレンジの課題はフランジパーヌのタルト。フランジパーヌのタルトはタルト生地を空焼きするかどうかがポイント。
    テクニカル・チャレンジの課題はフラウナ。ベイカーたちは簡単にしか書いていないレシピを想像で補いながら作業を進めるが…。
    最後のマスターピース・チャレンジの課題は2種類のヴォロヴァンを合計48個。ここではパイ生地がしっかり膨らむかどうかが鍵を握る。
  • 第7話 ビクトリア朝(VICTORIAN)

    第7週目のテーマは「ビクトリア朝」。オリジナル・チャレンジの課題はジビエが入ったゲームパイ。審査員から握手を求められるほどの高評価が飛び出す!
    テクニカル・チャレンジではテニスケーキに挑戦。大きなフルーツケーキを焼き、アイシングを施していくのだが、珍しいハプニングが起こる。
    マスターピース・チャレンジの課題はシャルロット・リュス。ここでもビクトリア朝らしいデコレーションが求められる。
  • 第8話 パティスリー(PATISSERIE)

    準々決勝のテーマは「パティスリー」。オリジナル・チャレンジは、2種類のクリームホーン計24個を3時間半で作ること。手間がかかりコツのいる生地作りにベイカーたちは苦労する。
    テクニカル・チャレンジでは、フランスの定番ケーキ、モカティーヌにトライ。
    マスターピース・チャレンジで作るのは、エクレアを3段以上重ねた、ルリジューズ・ア・ランシェンヌというお菓子。課題の条件は、支えなしで立っていることだったが…。
  • 第9話 チョコレート(準決勝)(CHOCOLATE (SEMI-FINAL))

    準決勝のテーマは「チョコレート」。オリジナル・チャレンジの課題はチョコレートタルト作り。デコレーションに凝ったり塩キャラメルを使ったりと各自工夫する。
    テクニカル・チャレンジの課題はチョコレートスフレ。ベイカーたちは何とかスフレを膨らませようと四苦八苦。
    最後のマスターピース・チャレンジではチョコレートのオブジェに挑戦する。条件はビスケットとホワイトチョコを取り入れること。その見栄えと味が評価される。
  • 第10話 決勝(FINAL)

    いよいよ決勝。ファイナリストの3人が3つのチャレンジに挑む。オリジナル・チャレンジの課題は2種類のアイシングパンを合計16個。緊張がハプニングを招く。
    テクニカル・チャレンジの課題はラズベリーのミルフィーユを6個。サクサクのパイ生地を作れるかが試される。
    最後の課題はイギリス伝統のケーキ。審査員も舌を巻くケーキが完成。そして友人、家族、脱落したベイカーたちを招いたティーパーティーで優勝者が発表される。