プリズン・ブレイク シーズン4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 スキュラ(Scylla)

    殺されたサラの敵を討つため、グレッチェンとウィスラーの後を追ってLAへとやって来たマイケル。
    組織の秘密を握る人物との取引のためホテルに現れた2人を尾行し、彼らに銃口を突きつけるマイケルだったが、そこで衝撃的な事実を告げられる。
    「サラは生きている」と…。
  • 第2話 オデュッセイア(Breaking and Entering)

    天才ハッカーで罪人のローランドの参加をメンバーたちは快く思わず、リンカーンとマホーンの間にも険悪な空気が流れる。
    だが、「今は一致団結しなくては」というマイケルの呼びかけで、計画を優先。
    マホーンが見たスキュラの番人の運転手を手がかりに、番人がスペクトリアム社の最高責任者タクスホンだということを突き止める。
  • 第3話 シャットダウン(Shut Down)

    スキュラは6枚のカードから構成されていると知ったマイケルは「話が違う」とセルフに詰め寄るが、逆にあと5枚を手に入れなければ刑務所行きだと圧力をかけられる。
    さらに、次のスキュラの番人を突き止める期限は今日中だ、と言われる。
    諦めないマイケルは、タクスホンのPDAにあった暗号文メールから、今日の4時にスキュラの件で誰かと会うことをつかむ。
  • 第4話 ワシと天使(Eagles and Angels)

    マイケルが撮影した携帯カメラの映像から、番人の1人がトルコ領事館の人間だと判明する。
    マイケルたちは領事館を見張り、領事のエロル・タバックを発見。するとローランドの装置が反応する。
    だが、近くにいるのに、なぜか反応が途切れる。スキュラの番人は、彼ではなく彼の妻リサだった。
  • 第5話 金庫破り(Safe and Sound)

    バーを出たサラは不審な黒人に尾行されていることに気づく。 決死の思いで車の往来の激しい道路に飛び出し、何とか男をまいて逃げ帰る。
    セルフは番人の残り1人が財務省の高官オーレンであると気づき、連邦ビルへ。
    だが、電波を遮断する金庫に保管されていたため、コピーに失敗してしまう。
  • 第6話 チームプレー(Blow Out)

    残りのカードはあと3枚。マイケルたちは番人に接触するため競馬場へ向かう。マイケルとマホーンは支配人室に忍び込み、コピー装置を設置する。
    そして番人の馬がゲートから出遅れるように仕掛けをし、番人が苦情を言いに支配人室に駆け込んだところで、データをコピーしようとする。
    作戦は成功するが装置を回収に戻ったマホーンが、不法侵入の罪で装置と共に署に連行されてしまう。
  • 第7話 ハードウェイ(Five The Hard Way)

    スクデリがベガスへ旅行に出かけることをつかんだマイケルたちは、警備の甘い旅行先でスキュラを奪うプランを立てる。
    その時、ベリックの元にゲート社の受付からティーバッグの情報が入る。リンカーン、サラ、スクレ、ローランドはベガスへ、残り3人はティーバッグの所へ向かうことにする。
    しかし、マイケルとベリックは逆に、グレッチェンの手下となったティーバッグに捕まってしまう。
  • 第8話 代償(The Price)

    “鳥の本”は全ページ揃っていなかった。ページの一部を持つグレッチェンは、それを盾に自分と手を組むように取引を持ちかける。
    サラは監禁されていた時、グレッチェンに手酷い拷問を受けていた。マイケルはそんなサラを気遣うが、合意するしか道はない。
    そして将軍が持つ最後のカードを奪うため、将軍の車に激突しカードを奪う計画を立てる。だが、なぜか相手に先を読まれ、スクレが撃たれ負傷してしまう。
  • 第9話 大いなる成就(Greatness Achieved)

    マイケルたちのアジトでは、捕らえたワイアットに力づくで「マイケルたちを皆殺しにした」と将軍へ電話させようとするが、いくら殴っても効果がない。
    だが、セルフには何か計画があるらしく「脅すのではなく、ただ喋らせればいい」と言う。
    ワイアットの元にセルフとサラ、マホーンを残し、マイケルたちはティーバッグの待つゲート社に向かい、地下通路から“鳥の本”の図面を頼りに組織のビルへの侵入経路を探る。
  • 第10話 レジェンド(The Legend)

    ベリックの死を悲しむメンバーに、セルフが作業を続行するようにハッパをかける。
    マイケルは、「そのためには“鳥の本”の残りのページがいる」と一言。
    セルフとマイケルはグレッチェンに会い、本の残りを受け取り、彼女からスキュラが明日、別の場所に移されることを知らされる。
    そんな大事な情報がなぜわかったのか、と疑うマイケルを、グレッチェンは「敵の内情を探ってあげてるのよ。感謝してほしい」と一蹴する。
  • 第11話 賽(さい)は投げられた(Quiet Riot)

    今日は勝負の日。だが、脳に先天性の腫瘍が見つかったマイケルは、今日にでも手術を受けなければ命の保証はないと診断される。
    手術が始まる午後3時まで、残り4時間。スクレとマホーンが撮ってきた映像を見ながら、超高感度マイクと熱センサーに覆われた侵入不可能な解読器保管庫へ侵入すべく計画を練る。
    一方、セルフから最後のカードを奪うよう言われたグレッチェンは、色仕掛けで将軍を呼び出す。
  • 第12話 セルフレス(Selfless)

    将軍と部下がすぐそこまで迫っているにも関わらず、マイケルは暗号解読器の前から動こうとしない。
    銃を構えてエレベーターから降りてきた将軍たちをリンカーンたちが包囲し、最後の1枚であるカードを将軍に出させる。
    そしてマイケルが6枚のカードを解読器の所定の位置にハメ込むと、中から隠されていたスキュラが姿を現す。
    ついにスキュラを手に入れたマイケルたちは将軍を人質に上階に移動し、将軍のオフィスに立てこもる。
  • 第13話 裏切りの応酬(Deal Or No Deal)

    喜びもつかの間、セルフが裏切った。しかも、マイケルたちにミリアム殺しをなすりつけ、自分も撃たれたと上司スタントンに報告。
    そしてスキュラを売るため、ティーバッグを脅しグレッチェン捜しを手伝わせる。殺人容疑をかけられたマイケルは、一刻も早く手術を受けるべきだが、今は逃げるしかない。
    国土安全保障省に加え、将軍と組織がマイケルたちを追ってくる。みんなはメキシコに逃げようと言うが、マイケルは戦うことを選ぶ。
  • 第14話 取引の極意(Just Business)

    マイケルがスキュラのチップを抜いたと気づいたセルフは、催涙ガス弾とマシンガンで倉庫を急襲。だが、攻撃を予測していたリンカーンがセルフを見つけ捕らえる。
    そこにグレッチェンが参戦し、マイケルは仲介人に会わせることを条件に2人を逃がす。マイケルはスクレに2人をつけさせていた。
    一方、セルフたちもガス弾にカメラを仕込み、倉庫を監視することでチップの隠し場所を掴んだのだった。
  • 第15話 記憶の中で(Going Under)

    将軍は自ら敵地へ現れたリンカーンに、スキュラを取り戻すことを条件にマイケルへ脳の最先端腫瘍除去手術を施すことを約束する。
    リンカーンは組織に捕らえられたティーバッグを拷問し、セルフの行き先を聞き出す。
    そしてスクレと共に、セルフたちが30分後に買い手と会う予定の桟橋へと向かう。同時に、サラが見守るなかマイケルの手術が始まる。
    するとフラッシュバックが起こり、マイケルはウエストモアランドの亡霊と対面する。
  • 第16話 マイアミ(The Sunshine State)

    リンカーンは、捕らえたグレッチェンたちと組んででもスキュラを探すよう将軍に命じられ、買い手の足取りをたどってマイアミへ。買い手の男が連絡を取っていたクラブへと向かう。
    手術を乗り切ったマイケルはサラと引き離され、森の中にある別荘に精神分析医付きで軟禁。
    「君は組織を誤解している」と言う医師に、マイケルは「スキュラの正体や母までが組織の人間だったということは、もう知っている」と一蹴する。
  • 第17話 母(The Mother Lode)

    スキュラを奪ったのはマイケルたちの母クリスティーナだった。
    銃撃戦の末、負傷したグレッチェンを置いてなんとか逃げ延びたが、いまだスキュラを奪い返せないリンカーンたち4人に、将軍はさらなる重圧をかけ、邪魔者が参戦したことを告げる。
    邪魔者とはサラと共に逃げ出したマイケルのことだった。マイアミに向かう途中のマイケルたちは何者かに銃撃され逃走、トラックの荷台に乗せてもらい目的地を目指す。
  • 第18話 VS(Versus)

    通行証の日付が2日後であることに気づいたリンカーンは事情を聞くため、再び母の元を訪れるが、命を狙われてしまう。
    マイアミに着いたマイケルたちは、サラの友人の別宅へ。マイケルは追っ手が持っていたメモの記号を調べ、兄より先にスキュラを手に入れようとする。
    弟からは理解を得られず、母からは殺されかけ、将軍からは今日中にスキュラを手に入れろと脅されたリンカーンら4人は、殺し屋から奪った携帯の発信音を追跡する。
  • 第19話 S.O.B(S.O.B)

    科学者サンディンスキーを連れ去ったリンカーンたちは、「何も知らない」と言い張る彼を信じる。
    そこにマイケルから彼に注意するよう電話が入る。男の携帯を奪ったマイケルは、彼とクリスティーナが繋がっていると知っているからだ。
    マイケルはその携帯からクリスティーナに連絡し、彼女をおびき寄せる。
    一方、リンカーンはサンディンスキーに銃を突きつけ詰め寄るが、そこに将軍が介入する。
  • 第20話 攻防戦(Cowboys and Indians)

    リンカーンに加えてマイケルまで暗殺犯に仕立てられ、警官隊がホテルに突入、2人は包囲される。
    窮地に立たされたマイケルはマホーンに連絡し、サラがいる住所を教え、母からスキュラのありかを聞き出すよう指示。
    そして洗濯室のダクトから逃げ出そうとするが、警察は全室のドアをロック。完全に逃げ場を失う。
    マホーンはサラの別宅に到着。だが、そこには拘束されたサラがいるだけで、クリスティーナはすでに逃げ出していた。
  • 第21話 究極の選択(Rate of Exchange)

    母に捕まったリンカーンは胸を撃たれ、5時間以内に病院に運び込まなければ命が危ない。
    一方、将軍にスキュラを渡さなければサラが殺されてしまう。まさに八方塞がりなのだが、マイケルにはどちらかを選ぶことなどできない。
    マホーンは撃たれたリンカーンを先に助けるよう助言する。マイケルは母との取引場所に爆弾を仕掛け、リンカーンを取り戻そうとするが失敗。
    その頃、シカゴのスクレは意外な人物と遭遇する。
  • 第22話 決着!(Killing Your Number)

    ダミーのスキュラを爆発させて逃げ出すはずが、リモコンが効かない。マホーンはクリスティーナに殺される寸前に手動でスイッチを入れ、爆破。
    リンカーンを救出し、隠れ家へ向かう。スキュラを壊そうと意見が一致するが、そこに死んだはずのケラーマンから電話が入る。
    そして国連事務総長の主席顧問にスキュラを渡せば、皆から追われている君たちを助け自由を与えると言うのだ。
  • 第23話 ファイナル・ブレイク Part1(The Old Ball and Chain)

    時は、4年前に遡る。“スキュラ”と引き換えに自由の身となったマイケルは、サラと晴れて結婚式を迎えていた。
    そんな矢先、サラはマイケルの母親殺害の容疑でFBI捜査官に連行されてしまう。刑務所に収監されたサラを救いだそうと、マイケルはリンカーン、マホーン、スクレとともに脱獄計画を企てる。
    一方、サラと同じ刑務所にはグレッツェンが待ち受けていた。
  • 第24話 ファイナル・ブレイク Part2(Free)

    将軍の命令で、サラの首に懸賞金が懸かる。サラの命が危険に晒されていることを知ったマイケルは、一刻も早く彼女を助け出そうと刑務所内にパラシュートで降り立つ計画を立てる。
    しかしその頃、マイケルの脱獄計画の情報と引き換えにFBIへの復職話を持ち掛けられていたマホーンは心が揺れていた。
    これまで愛する人のため意地と執念で脱獄、逃亡を果たしてきたマイケルの前に、最後の壁が立ちはだかる。